前へ
次へ

入居者がいる物件に不動産投資を行う

不動産投資としてアパートやワンルームマンションなどの一棟買いをすることがあるでしょう。このとき更地に新たに建物を建てて一から入居者を募集するケースもあれば、中古物件を購入して行うときもあります。中古物件にもいくつかあり、所有者が既に住人を退去させた状態で売りに出していることもあれば、住人が住んでいる状態で売りに出されているときもあります。入居者がいないならリフォームなどをして新たに募集ができますが、入居者がいれば基本的にはそのまま運営することになります。気になるのは購入した後に入居者との賃貸借契約がどうなるかです。基本的には以前の契約が継続することになるので、自分が新たなオーナーになったからと言って勝手に賃料を決めたり退居を求めたりはできません。もしそれが行われると入居者の権利が失われるからです。投資した不動産物件の賃料が相場に比べて異常に安い時もあるので、その時は更新の時などに少しずつ賃料を上げる交渉をしないといけないでしょう。

Page Top